Factory BLog: 今日あったとは限らないが出来事についてリンクを交えて語る雑記 powered by blosxom
RSS feed meter for http://www.g-fact.jp/fblog/blosxom.cgi 最新記事
記事一覧
wiz MOEPA

2007年05月21日

叡智と闘魂があればガラクタでこんなものも作れるッ!!!(livedoor News)

(; Д )   ゚ ゚ 
 
………………………………………本当にンな簡単に核融合を実現できるのかよとかよく無事だったなとかいろいろツッコミどころは満載なのだが事実だとすれば光子力研究所にスカウトしてボスボロットの構築に携わってもらった方がいいんじゃないかと思う今日此頃

"diy-nucleus-engine" Post: at 2007.05.21 23:01 to [/Factory BLog/freetalk]
この記事のコメントとトラックバック(現在 8 件)
この記事のURL 携帯用URL


・この記事のコメントとトラックバック

浜村拓夫:
・手作りガンダムの予感!!! ( 2007/5/22 1:15:38 )
結構コンパクトだから20mくらいのロボットにも搭載できそうですね! 
そのうち「高校生が手作りモビルスーツを作成!」とか、ニュースになったりして 
(・∀・)
彷徨:
・そう言えばアレは核融合エンジンでしたっけ ( 2007/5/22 1:43:25 )
ご来訪ありがとうございまス。 
 
動力を搭載していない(=巨大な模型の)Zガンダムやブルーティッシュカスタムなら過去に此処でも話題に取り上げましたが、二足歩行するロボットや人が乗って歩く巨大メカなるものの研究も進んでいる昨今、いずれはモビルスーツをDIYする強者(ツワモノ)が現れてもおかしくないかも知れないですな… 
汎用人型決戦兵器や98式AVとどれが先に実現するかの開発競争も興味深い所。
isibasi:
・冷却装置はいずこ? ( 2007/5/22 11:23:35 )
常温核融合が、盛んにはやった時期ありましたよね〜 
ですが、2億度ともなると、発熱量も半端じゃないはずで、継続時間も記載されていないので、類推するしかないですが、ガンダムでも排熱ダクトが半端な大きさでなかった記憶が、元ネタがすでに海外からの閲覧制限にひかかってるようなので、雑誌の発表待ちかな〜 
同じような装置考えたことあるんですが(ロボットが専門なもので)、冷却装置が膨大(原子力電池に比べて発熱量が半端じゃなかった)で搭載出来なかった記憶が、 
核融合の難しさは、どちらかと言うと核融合を継続する為のコントロールの難しさと、小型化の難しい冷却装置にあるといっても過言ではないでしょう。 
日本の核融合実験のデーターがハッキングで持ち出された時点で、誰かがやるとは思っていましたが、高校生とは。。 
ただ一部部品(磁気部品)は戦略物資で1高校生が手に入れたとなると、それはそれで問題かな〜 
ただ高性能なヒートパイプが市販されているので継続時間次第では、小型の装置で実証できるのでは? 
コントロールもペレット作る技術さえあればなんとかなるかも(ペレット使用の原子炉そのものは考案されている) 
ただ発生時に半端でない電磁波が出たはずで、シールド機材(戦略物資です)によほどいいものを使わない限り近所に多大な迷惑をかけたと思われ、近所迷惑であったことは間違いないかと。。。 
まあ個人レベルで使用出来る計測器で、計測できたとなると、多分世界記録の可能性もあって、興味津々です。 
 
彷徨:
・♪Be cool, everybody be cool... ( 2007/5/22 21:42:47 )
2億度の輻射熱に耐えるガラクタって何で出来てるんだろうとか色々冷静に見ていくとツッコミどころ満載ですからなぁ。 
実証データも出てない以上、ネタ半分として見ておくのが正解ではないかという気が。 
 
…とか言ってたら本当だったりして。
isibasi:
・少なくともあちらは本気 ( 2007/5/23 0:15:13 )
件のホームページアメリカ国内のみで閲覧可となっており、 
少なくとも、あちらさんは本気のようです、雑誌は検閲できないので、多分検証後、雑誌で公開されると思われ、(エネルギー高騰抑制ネタと見えないことも。。) 
ちなみにアメリカで政権交代の、理由の一つにインフレ抑制に失敗というのもあるようで、このままエネルギー高騰に続き物価が高騰すると、ブッシュ政権は任期満了を待たずに辞任ということもあり得る話です。 
まあ個人用の核融合炉などが出てきたりすると事情も変わるんでしょうが。 
isibasi:
・低温核融合反応は ( 2007/5/23 19:11:22 )
日本で最近行われている
isibasi:
・低温核融合反応なら可能? ( 2007/5/23 19:38:31 )
日本で最近研究が行われているトカマク式は、高熱によって連鎖的に核融合を起こす事が目的で、その為、高温プラズマの閉じ込めを行っているが、 
逆転の発想でプラズマ状態だけを維持するなら高温でなくても(2億度程度でも)絶えずプラズマエネルギーに転換する(熱にせずに純粋なエネルギーとして転換できれば)だけで、核融合は可能と思われ、 
実際レーザーによるプラズマ実験ではそれを継続させる事に主眼を置いていたようです。問題は励起エネルギーを起こすための電力をどこから持ってくるかで、その為には、レーザーの場合熱エネルギーによる発電が必要(逆に熱にせずに励起エネルギーを取り出せれば。。。)です、 
がしかし、直接プラズマからレーザーを取り出せれば(かなり入り組んだ装置に)、融合反応の連鎖化は可能で、 
問題は融合反応(プラスエネルギー発生)が実際に発生したか?という問題になり 
何千億もの金をかけてトカマク研究をしなくても、融合連鎖を生み出す可能性はありと思えるのですが、 
その辺りの確証があるなら個人用の核融合炉作って(連鎖反応可能なやつです)差し上げるんですが(本気) 
 
彷徨:
・HOT LIMIT ( 2007/5/23 21:41:19 )
個人用の核融合炉
ぬ。不調に陥っているスクーターの載せ替えエンジンに佳いかも知れませんが、それは果たして原付免許で運転できるのカシラ。 
 
とまあ冗談はともかく、記事のモトネタの方、此方からは「下戴」「Fusor」様ともにアクセス出来ました。該当記事がどこにあるかはまだ確認できていないですが(単に見落としてるだけかも)。

・この記事へのトラックバック

・この記事にトラックバックを行う場合は、以下のURLにTrackback Pingを送信してください。


・この記事にコメントする

コメント/trackback spam対策を試験的に導入しております。投稿時に「403 Forbidden」と表示された場合は、管理者までご連絡を御願い申し上げます。
ご連絡があった場合はなるべく迅速に(事情のない限り当日中)、そうでない場合でも気付き次第(最短で翌日)復旧を行います。

・できる限りで動作確認は行っておりますが、設定調整の狭間やサーバ負荷状況によって稀にHTTP/500系のエラー(サーバエラー)が発生してしまうことがあります。万一発生した場合、少し時間を置いてから再度アクセスをお願い申し上げます。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

・基本的にいただいたコメントには極力応答いたしますが、必ずしも全てのコメントに応答しない場合があります。あらかじめご了承ください。

・ボケたら突っ込みましょう。

 
お名前:
URL/メールアドレス: [http://... or mailto:you@wherever] (省略可)
タイトル: (省略可)

・以下のように記述することで、特殊効果を使用することができます(テスト中機能)。

* … *
*で囲まれた部分を強調する
** … **
**で囲まれた部分を赤色をつけて強調する
[[ … ]]( … )
[[ ]]で囲まれた部分に、( )で囲まれた内容のルビ(振り仮名)をつける
(( … ))
(( ))で囲まれた部分を小さく表示する
行頭に >
引用としてその行を斜体で表示する
\*
強調表示しないで*を表示する


情報の取捨選択は自己責任でお願いいたします。

・主な情報元(Unicode順)
・ニュース系
BCNランキング
CNET Japan
excite News
Famitsu.com
impress Watch
Livedoor
Slashdot Japan
Wired Vision
Yahoo! Japan
・お気に入り
16連射のつぶやき
mochiめも
pya!
SWFBLOG
Time's ごはん
Wikipedia
うさだ
チャレンジ部
古今東西製品情報
舞軌内雑筆店
面白いサイトを見つけたよ。

直近2週間にコメントのあった記事
(別窓で開きます)

・Firefox/Mozillaユーザの方は、XHTML Ruby Supportをインストールされることをお勧めいたします。

・Factory BLog全般へのご意見・ご感想・苦情・ご要望等はこちらへ
半匿名メールフォーム
garagefactory@g-fact.jp [PGP KEY]
※ 個人が特定できない範囲内でネタにさせていただく場合があります。また、必ず対応が行われるとは限りません。予めご了承ください。

・こちらもどうぞ
Factory Log (携帯対応日記)
04年5月までの雑記
Garage Factory

RSS
・年月別の記事一覧:

2004年 (274)

6月 (67)
・7月 (38)
・8月 (29)
・9月 (37)
・10月 (36)
・11月 (32)
・12月 (35)

2005年 (756)

1月 (117)
・2月 (75)
・3月 (73)
・4月 (75)
・5月 (57)
・6月 (57)
・7月 (50)
・8月 (55)
・9月 (59)
・10月 (65)
・11月 (43)
・12月 (30)

2006年 (315)

1月 (52)
・2月 (52)
・3月 (38)
・4月 (18)
・5月 (12)
・6月 (15)
・7月 (20)
・8月 (23)
・9月 (24)
・10月 (23)
・11月 (29)
・12月 (9)

2007年 (172)

1月 (14)
・2月 (17)
・3月 (31)
・4月 (32)
・5月 (26)
・6月 (19)
・7月 (7)
・8月 (5)
・9月 (7)
・10月 (8)
・11月 (4)
・12月 (2)

2008年 (12)

2月 (7)
・4月 (2)
・6月 (2)
・8月 (1)

2009年 (2)

2月 (1)
・3月 (1)

2011年 (1)

2月 (1)
[00043831]